HOME » もっと知りたい!医療脱毛の効果 » エステ脱毛との違いは?

エステ脱毛との違いは?

エステ脱毛と医療脱毛の違いがわからないという女性のために、両者の違いをわかりやすく比較してみました!

エステ脱毛と医療脱毛の違い

脱毛したいと思ったときにエステサロンとクリニックのどちらが良いのか悩む人は、少なくないでしょう。なかには、違いがよくわからぬまま決めてしまって後悔する人もいます。笑顔でツルスベ肌を手に入れるためにも、エステ脱毛と医療脱毛の違いをしっかり把握し、納得したうえで自分に合った方法を選んでくださいね!

効果と安全性で選ぶなら医療脱毛

エステ脱毛はマイルドなパワーで照射するのでレーザー脱毛よりも痛みが弱く、施術費用がリーズナブルというメリットがあります。ただ、脱毛を終えるまでに2~3年ほどかかってしまうこともあり、途中で医療脱毛に切り替える人も少なくありません。

医療脱毛は、エステ脱毛よりも脱毛効果の高い機器を使うことが許されているため、早く確実に脱毛することができます。エステ脱毛と比べると痛みを強く感じる人が多いかもしれませんが、エステ脱毛も無痛ではないことを考えると、どちらを選ぶかは判断が分かれるところ。「気長に脱毛がしたい」という人はエステ脱毛の方が良いかもしれません。ただし、エステ脱毛は、「脱毛し放題」と謳っているサロンでも「1年間の期間限定」といった制限が設けられている場合があるので注意が必要です。

エステとクリニックでは使う機器が違う

一番の違いは、脱毛で使うマシンです。エステ脱毛は、複数の波長を持つ光を合わせて広い範囲に照射する「光脱毛器」を、医療脱毛では単一の波長で集中的に熱を集めて照射する「レーザー脱毛器」を使います。どちらも黒などの濃い色素に反応し、毛母細胞にダメージを与えて脱毛する方法です。

肝心の効果ですが、光脱毛はマイルドな出力で照射するためレーザー脱毛よりも効果は劣ります。効果を得るまでには回数が必要で、太い毛や剛毛などは回数を重ねても脱毛できないケースもあります。一方、レーザー脱毛は出力が強いので1回の照射で確実に効果が得られるのが魅力です。一般的に、エステ脱毛の回数は医療脱毛の3倍になるとも言われています。

トラブルの対処法にも違いが

光がレーザーに劣るのなら「エステサロンもレーザーを使えばいいんじゃない?」と思う人がいるかもしれません。しかし、エステサロンは医療行為を行うところではないので、出力の強いレーザー器は使えない決まりになっています。

医療機関の場合は医師がいるので施術後に万が一赤みや腫れ、やけどなどのトラブルが起こった場合にもすぐに診察し、的確な処置が受けられます。一方、エステサロンには医師がいません。トラブルが起きたときには提携する医療機関を受診するか、自分で病院を見つけて受診することになります。

以上の点を踏まえれば、初めから少ない回数で脱毛効果が得られる医療脱毛を選ぶのが賢い道!アフターケアもしっかりしているので、私は断然、医療脱毛をおすすめします。