HOME » もっと知りたい!医療脱毛の効果 » どんな脱毛機器があるの?

どんな脱毛機器があるの?

レーザー脱毛と言ってもさまざまな種類があります。脱毛機器のラインナップや脱毛の仕組み、エステで使われている脱毛機器との違いについても覚えておきましょう!

医療脱毛で使われる機器の種類

別名クリニック脱毛と言われる「レーザー脱毛」はその名のとおり、レーザーを照射する脱毛法です。その脱毛器はおもに「アレキサンドライトレーザー」、「ダイオードレーザー」、「YAGレーザー」の3種類が王道で、さらに種類ごとにさまざまなマシンが存在します。

1997年に日本に導入されて以来、広く使われています。長い波長で毛根のメラニン色素だけに反応する特性があるので、火傷のリスクが小さく安心です。日本人の黒い毛に適していて、細い毛からVIOの太い毛まで幅広く対応します。

現在よく使われているマシン。アレキサンドライトレーザーよりも痛みが少なく、高い精度で波長を調整できるので日焼けした方や色黒の人でも施術を受けられます。また、産毛などにも効果が期待できます。

レーザーの波長が長く、肌の奥深くまで届きます。アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーに比べて痛みがありますが、VIOや肌の黒い部分にもしっかり反応します。肌の奥の毛根だけに働きかけるので、周りの肌を傷つけずに脱毛できます。

クリニックによって採用するマシンはさまざま。さらに、同じマシンでも旧型と新型ではスペックも変わってくるので、候補に挙げているクリニックがどのマシンを採用しているのか必ずチェックしておきましょう。

レーザー脱毛のメカニズム

脱毛で使うレーザー機器は、メラニン色素を吸収し、熱エネルギーに変換する光を採用しています。そのため、レーザーを毛に照射すると毛根の黒いメラニン色素に反応し、毛根のみを焼くことが可能。レーザーの熱で破壊された毛根はやがて抜け落ち、脱毛できるという仕組みです。

エステの脱毛器や家庭用脱毛器との違い

エステサロンで使われている脱毛マシンは、複数の波長を持つIPLなどの光を広範囲に照射し、そのエネルギーで毛根のメラニンを照射します。「光脱毛」と呼ばれることが多いです。

光脱毛は出力が弱いぶん痛みが少ないというメリットがある一方で、脱毛効果が得られるまでに時間がかかり、レーザー脱毛の約3倍の施術回数が必要になるので、手間も時間もかかります。

また、家庭用脱毛器もほとんどが光脱毛です。当然ですが、素人が使えるくらいの出力にしているのでレーザー脱毛に比べると効果は雲泥の差。とくにVIOなどの部位で脱毛効果を得るのは難しいかもしれません。

クリニックのレーザー脱毛と、エステや家庭用脱毛器の光脱毛は似ているようでまったくの別物です。効果にはかなりの差があることを頭に入れておきましょう。